会社概要About

タナカマシーナリースローガンTanaka’s Spilit

“加工おたく”な会社です。 工場を覗けば、25台の門型マシニング(五面加工機)がうなりをあげて重量感のある切粉をだし、 その横では五軸加工機が高い音をたて、みるみるうちにインペラ-の形状を削る。 その対面では横中グリ盤が高さ3mあまりのワークをテーブルターンして加工スタート。 そしてその奥では3mのターニングが切粉を飛ばしている。 こんな風景が毎日・毎日・・・ 大型加工に特化し、世界一を目指している会社です。

会社概要Company Profile

会社名 タナカマシーナリー株式会社
設立 1987年9月3日 有限会社設立後、2018年1月6日 株式会社へ移行
資本金 6,000万円
社員数 国内:70名/海外:20名
取引銀行 中国銀行 総社支店
役員 代表取締役 田中秀明
常務取締役 田中康公
取締役 田中亨育
主要取引先
  • 東京エレクトロン宮城㈱
  • 川崎重工業㈱車両カンパニー
  • 東京エレクトロンテクノロジーソリューションズ㈱
  • 三菱重工業サーマルシステムズ㈱
  • ㈱シンコー
  • 井上特殊鋼㈱
  • ホーコス㈱
  • 住友重機械工業㈱
  • ㈱アキオカ
  • ㈱日立パワーソリューションズ
  • 住友重機械イオンテクノロジー㈱
  • 安田工業㈱
  • ㈱SCREEN
  • 近畿車輛㈱
  • トーカロ㈱

事業所Office location

総社工場

住所 総社市下林700-11
TEL 0866-92-1157
FAX 0866-92-1560
敷地面積 7000m2
建物面積 2150m2

倉敷工場

住所 倉敷市栗坂467-17
TEL 086-461-0881
FAX 086-461-0771
敷地面積 4000m2
建物面積 2000m2

インドネシア工場

住所 JL.HARAPANILOT KK-ZB,KAWASAN INDUSTRI KIIC
TEL (0267)6071501
FAX (0267)6071501
敷地面積 20000m2
建物面積 2000m2

岡山工場

住所 岡山市北区下足守13-1
TEL 086-295-2520
FAX 086-295-2521
敷地面積 6800m2
建物面積 1200m2

沿革History

1956年 田中樟太が岡山県高柳において個人にて操業を開始する
1969年 岡山市北長瀬へ工場全面移転し船舶用製缶を行う
1976年 税務署より優良青色申告者として表敬を受ける
1984年 マシニングセンタ1号機を導入し精密機械加工に着手する
1987年 総社市下林に工場全面移転し(有)田中鉄工所を設立する
1989年 大日本スクリーンの1次外注メーカーとなる
1990年 川崎重工の1次外注メーカーとなり、鉄道車両部品に着手する
1994年 五面加工機(1号機)を導入し大型物の複合加工に着手する
1996年 田中樟太に代わり田中秀明が代表取締役社長になる
1997年 南工場を増設
1998年 五面加工機(2号機)を導入し生産能力の向上を図る
1999年 2交代制を導入し大型機の生産能力向上を図る
2000年 東工場を増設しアルミ高速加工に着手する
税務署より優良申告法人として表敬を受ける
2001年 東京エレクトロンの1次外注メーカーとなり液晶部品製造に着手する
2002年 外国人研修生を招き国際貢献に寄与する
2003年 外国人研修生を招き国際貢献に寄与する
2004年 国内第2工場 倉敷工場が稼働
2005年 五軸加工機を導入し航空機部品に着手する
2006年 ISO9001を取得する
2007年 倉敷工場へ風力部品工場を増設する。
2008年 ISO9100に着手する
2009年 中小企業庁より”日本のイノベーションを支えるモノ作り企業”として表敬を受ける
2度目の優良申告法人として表敬を受ける
2010年 インドネシアにPT.TANAKA MACHINERYを設立し、カラウン地区へ20000m2 土地を取得し工場1500m2 の建設に着手する
2014年 3月 岡山市北区下足守へ6000m2の用地を取得し、国内第3工場(空調工場)の建設に着手する
2014年 9月 岡山工場が稼働。大型の三次元測定機を導入し、品質管理の向上を計る
2015年 岡山工場の2期工事(増設)着手
2016年 創業60周年を迎える
2018年 社名を変更。株式会社設立。タナカマシーナリー株式会社へ